便利な靴箱収納アイテム13選!靴をすっきり整理・収納するコツも

玄関は「家の顔」と言われますが、きれいに整理整頓ができていますか? ついつい何日も前に履いた靴を脱いだままにしてしまいますよね。 お気に入りの靴が増えたり、家族の人数が増えると、今までの靴の収納方法を変えなければ玄関のたたきに靴があふれる一方です。 そこで今回は靴の収納のコツや、便利な靴箱収納アイテムを紹介します。 ぜひ靴箱収納の参考にしてみてください。

更新日:2020年10月3日
1325 views

靴をすっきり整理・収納するコツ

靴箱収納のコツを紹介するまえに、まず行って欲しいのは靴の断捨離です。
もう何年もはいていない靴や、子供のサイズアウトした靴は、誰かに譲る・リサイクルショップに持っていく・フリマアプリに出品などをして処分していきましょう。

収納アイデアを活用してもスペースには限りがあるため、より使いやすい靴箱にするには必ず行って欲しい作業です。

履く人ごとに収納する棚を分ける

靴箱の何段目を誰が使うかを、家族で決めておくのも一つの収納アイデアです。

靴箱に入りきるだけの数しか持たない、もしくは使用頻度の低い靴は自分の部屋など他の場所で保管するというルールを決めましょう。

小さい子供の場合は低い位置の棚を使わせてあげると、自分から靴箱に靴をしまうという癖をつけることにも繋がります。

靴を履くシーズン別で収納場所を分ける

冬のブーツ、夏のサンダルと一年中履ける靴をごちゃごちゃに置くのはやめましょう。

靴箱の中で収納スペースを分けておくと、探す手間が省けてグンと使いやすくなります。
シーズンオフの靴はクローゼットなど収納場所を変えるようにしましょう。

使用頻度が高い靴は取り出しやすい位置に収納する

使用頻度が高いものをまとめて置いておくと、時間がない朝に探し回る必要がなくなります。

仕事用の靴、休日によくはく靴をそれぞれまとめて決まった場所に置きましょう。
その際、使用頻度が高い「一軍の靴」を手前に置くと、取り入れしやすくなるはずです。

靴箱アイテムを使用する収納術

次に靴箱で大活躍してくれるアイテムを紹介します。
どれも手軽に手に入り、真似しやすいアイデアばかりなので参考にしてみてください。

収納量を増やすアイテムを使用する

【シューズラック】
収納スペースを大幅に増やしたいなら、シューズラックがおすすめです。
幅を伸縮できるものが多く、靴が増えても安心です。

靴箱の中のデッドスペースの活用にも使えますが、玄関のたたきに置いて靴の一時置き場として利用することもできます。
そもそも靴箱が設置されていないアパート・マンションに住んでいる方にもぴったりです。

【靴ホルダー】
上下に靴を重ねて置けるため、靴箱の収納量が2倍になるのが靴ホルダーのメリットです。

ヒール・パンプス・スニーカーなど靴の高さに関わらず収納できるよう、高さの調節ができるようになっているものを選ぶと良いでしょう。

【突っ張り棒】
靴箱のデッドスペースに突っ張り棒を並行に2本取り付けると、靴を置くスペースが生まれます。
さらにシューズハンガーと一本の突っ張り棒を組み合わせると、サンダルやバレエシューズなど軽い靴を引っ掛けて収納できます。

また、ヒールの収納にも突っ張り棒は使えます。
片足を靴箱に置き、もう片方のヒールを突っ張り棒に引っ掛けて斜めに吊るすと、余分なスペースを出すことなくヒールを収納できます。
お店のディスプレイのように収納できるため、靴箱の中をおしゃれにしたい方に最もおすすめの収納方法です。

すっきり収納できるアイテムを使用する

収納力よりも、見た目の印象を良くしたい方におすすめな収納方法を紹介します。
家の靴箱にはどの収納アイテムが合うか、想像しながら読んでみて下さい。

【ファイルボックス】
使わない靴を一足ずつ収納したいときに便利なのが、ファイルボックスです。
高い位置の棚に置きやすいため、来客用のスリッパ・シューケアグッズなど使用頻度が低いものの収納にも使えます。

また、1/2サイズのファイルボックスを横向きにして靴箱に入れると、子供の靴やバレーシューズなど高さがない靴を2段に収納できるようになる万能アイテムです。

【プラスチック製のバスケット・A4サイズのトレー】
プラスチック製だと掃除が簡単で、汚れてもすぐに洗えるためおすすめです。
ダスターなど汚れてもいい布をひくと、靴箱内をさらに清潔に保ちやすくなります。
取手が付いていて取り出しやすく、見た目もすっきりする収納方法です。

【シューズケース】
シューズボックスは、何段にも重ねることができるため靴箱と同じ様な感覚で使えます。
下駄箱をイメージしてもらうと分かりやすいでしょう。
中が透けて見えるため、どこに何が入っているかが分かり、取り出しに手間取りません。

ただし、靴の匂い・湿気対策のために、通気口がついているものを選びましょう。

靴箱の扉裏も収納スペースとして使用する

観音開きの靴箱ならば、扉の裏にスリッパホルダーを設置してデッドスペースを活用しましょう。
壁面に付けて「見せる収納」として活躍してくれるスリッパホルダーですが、扉の裏も収納スペースに変えてくれます。
扉を閉める際に邪魔にならないよう、収納するスリッパは厚みがないものがおすすめです。

靴箱の中や靴箱下に設置するシューズラック3選

ここからは靴の収納で大活躍するアイテムを紹介していきます。
シューズラック・シューズスタンド・シューズケースのおすすめアイテムをそれぞれ厳選しました。ぜひチェックしてみてください。

シンプルなデザインの伸縮式シューズラック

シューズラック スリム 伸縮 シューズラック frame フレーム 【 クッチーナ 】

サイズ:幅41~70cm x 奥行25cm x 高さ17.5cm
素材:スチール(粉体塗装)
付属品:連結パーツ
耐荷重:約3kg(1段につき)
生産国:中国
商品の特徴

玄関に靴を出しておきたいけれど、ごちゃついているのが気になるという方におすすめなアイテムです。
幅が41~70cmに伸縮するため、玄関スペースや靴の数に合わせて自由自在に変えられます。
シューズラックを2台重ねると最大12足収納でき、靴箱がない部屋で大活躍してくれます。

天板付きで靴を置きやすい伸縮式シューズラック

下駄箱中 伸縮シューズラック frame(フレーム)

サイズ:約W34~60×D12×H10cm
重量:約1150g
材質:本体/スチール(粉体塗装)
耐荷重:約3kg
製造:中国
備考:組立式
商品の特徴

下駄箱の収納力を2倍にしてくれるシューズラックです。
靴箱の高さを生かしきれず上部に空間ができてしまっている、そんな靴箱で活躍してくれます。
幅は34~60㎝に伸縮可能です。

使わない時は折り畳めるシューズラック

折り畳みシューズラック フレーム タワー tower

サイズ:約 幅50×奥行14×高さ14(cm),収納時:約 幅50×奥行3×高さ19(cm)
材質:本体 スチール(粉体塗装)
カラー:ホワイト、ブラック
耐荷重:約3kg
生産国:中国
商品の特徴

靴箱のデッドスペースの活用にも、靴箱からあふれた靴の収納にも使えるシューズラックです。
使わない時に折りたたんで収納できるため、少しだけ収納スペースが欲しい方におすすめです。

靴の収納量を2倍にするシューズスタンド4選

靴のサイズに合わせて幅を選べるシューズスタンド

くつホルダー 6足分 | おしゃれ 収納 コンパクト スリム 靴 シューズラック 省 スペース 隙間収納

サイズ:約)横幅100×縦幅135×奥行き260mm
重量:(約)165g
材質:本体 ポリプロピレン,ストッパー EVA樹脂

スリムタイプ
サイズ:約)横幅80×縦幅135×奥行き260mm
重量:(約)128g
材質:本体 ポリプロピレン,ストッパー EVA樹脂
商品の特徴

靴ホルダーが6個セットになったアイテムです。
男女共用の通常サイズと、パンプスやヒールなど細身の靴に使えるスリムタイプの2種類から選べます。
靴を取り出しやすい取手が付いていたり、かかとを支えるストッパーが付いているなど細部まで使いやすさにこだわった設計がされています。

靴箱がすっきりして見える透明なシューズスタンド

靴収納ハーフ ハイヒール対応 クリア(1コ入)

サイズ:約10.1*26.5*高さ12~17cm
材質:スチロール樹脂
製造:伊勢藤
備考:耐冷熱温度 約-20~70度
商品の特徴

ヒールのある靴が多い方におすすめしたいのが、この靴ホルダーです。
3段階に高さを調節できるため、ローヒール・ミディアムヒール・ハイヒールにも対応しています。
またクリアな素材で出来ているため、靴箱の中を最大限にすっきりと見せてくれます♪

靴の種類に合わせてトレーの角度を3段階調整できるシューズスタンド

くつホルダー高さ調節 6個セット ( 靴ホルダー 収納 靴箱整理 スリム 靴 靴箱

サイズ:約 幅10×奥行27.2×高さ10~18.5(cm)
重量:約180g(1個あたり)
カラー:ブラウン・ベージュ
材質:ポリプロピレン
生産国:日本
商品の特徴

靴ホルダーが6個セットになったアイテムで、カラーはブラウン・ベージュから選べます。
靴箱の色に近いカラーを選ぶと統一感がでて良いでしょう。
高さ調節が3段階できて、スニーカーやヒール、パンプスなど様々な靴を収納できます。
また、引き出し穴がついていて、片手で簡単に出し入れできるようなっています!

8個組み♪角度調整機能付きのシューズスタンド

シューズホルダー 8個組

サイズ:(約)W25.5xD9.7xH8~18cm
材質:ポリプロピレン
カラー:グレー
原産地:中国
商品の特徴

靴ホルダーが8個セットになったアイテムです。
高さ調節が簡単にできてどの形の靴でも対応可能ですが、シューズを置くホルダーの幅が広いため、特にスニーカーなど幅の広い靴が多い方におすすめです。

靴をすっきり収納できるシューズケース6選!ニトリも♪

扉を開閉しやすい!積み重ねシューズケース

SHOES CASE (シューズケース) 横入れ サイドオープンタイプ

サイズ:
(外寸)
横 36cm,幅 27.8cm,高さ 22cm
(内寸)
横 34cm,幅 26cm,高さ19.5cm
重量:1121g
材質:本体 ポリプロピレン,扉 ポリスチレン
商品の特徴

スニーカーをコレクションするのが趣味という方におすすめのアイテムです。
前面扉は透明度の高い素材で、まるでディスプレイのようにお気に入りの靴を収納し、眺めることができます。
マグネットで扉を開け閉めできて、さらに取手部分が使いやすいように設計されているため、飾るだけではなく実用的な使い方もできる優秀な商品です。

透明・不透明タイプを選べるシューズケース

ツーフェースシューズボックス  6個セット

サイズ:外寸約 W26.4×D39.7×H20.7cm,内寸約 W23.5×D39.2×H16cm
材質:ポリプロピレン
製造:中国
商品の特徴

片面が透明、もう片面が不透明になっている珍しいシューズボックスです。
前面・背面どちらの扉も開閉できるため、取り出しやすさを重視するなら透明側が前面に、インテリアを重視するなら不透明側が前面になるように配置しましょう。
底面が丈夫で、シューズボックスを何段も重ねることができます。

湿気対策・防臭できるシューズケース

クリアシューズボックス  レギュラーサイズ 6個セット

サイズ:外寸約 W23.3×D33.5×H13.5cm,内寸約 W22.5×D31.5×H12.7cm
材質:本体・正面パネル:ポリプロピレン,正面パネル枠・背面パネル:ABS樹脂
製造:中国
商品の特徴

シンプルで無駄のないデザインで、飽きることなく長く使えるアイテムです。
通気口が付いているため、湿気や防臭対策もばっちりです。
透明なクリア仕様なのでどこにどの靴が入っているかが一目で分かり、シューズボックスをたくさん重ねても靴を探すのに手間がかかりません。

使わないときは折りたたんで収納できるシューズケース

シューズボックス クリア シューズケース 10箱入り 靴 収納 スリム 透明 通気性抜群 新生活 開閉扉 積み重ね 下駄箱 靴棚 押入 クローゼット 玄関

サイズ:横17.5cm×奥行き29.5cm 高さ9cm
材質:PP ポリプロピレン
厚さ:0.7㎜
製造:中国
商品の特徴

使う頻度の低い靴をどうやってクローゼットに収納しよう、と悩んでいる方におすすめの商品です。
適度な柔らかさで扱いやすい材質で、使わない時に分解して片づけられます。
5~6段まで積み重ねられるため、オフシーズンの靴の収納に最適です。
通気口が付いており、湿気・靴の匂い対策も万全です。

フレームのカラーバリエーション豊富なシューズケース

COLORFUL SHOES BOX (カラフルシューズボックス)

サイズ:縦 33.5cm,横 23.5cm,高さ 13.5cm
カラー:BLACK(ブラック),WHITE(ホワイト),RED(レッド),NAVY(ネイビー),BEIGE(ベージュ),KAHKI(カーキ)
重量:482g
商品の特徴

豊富な6色のカラー展開が特徴のシューズボックスです。
前扉のふち、背面のみ該当カラーが使用されているため、どのカラーを選んでもインテリアの邪魔をすることはなく、いいアクセントになってくれます♪
簡単な組み立てで設置が完了するのも嬉しいポイントです。

【ニトリ】便利な取手付きのシューズケース

シューズケース ブーツ用 2個セット ニトリ

サイズ:幅30×奥行52×高さ11cm
重量:約340g
材質:主な素材 ポリプロピレン
商品の特徴

ブーツ用のシューズケースが2個セットになっています。
持ち手が付いていて持ち運びしやすく、収納に幅の取らないすっきりしたデザインになっています。
オフシーズンでも冬用ブーツをストレスなく収納できる便利なアイテムです。

まとめ

今回は靴をすっきりと収納するコツと、役立つアイテムを紹介しました。
ぜひ実践してほしい手軽に出来る収納アイデアを厳選しましたが、いかがでしたか?
ただ靴を靴箱に収納するのではなく、靴箱を開けても気持ちが良い靴箱を目指しましょう。