お風呂場をすっきりさせる棚(ラック)9選!賢く使うポイントは?

お風呂場に備え付けの棚が無いと、バスグッズを上手く収納するのは難しいですよね。 シャンプーボトルや泡立てネット、掃除グッズなどをそのまま並べただけでは、どうしてもごちゃごちゃした印象になってしまいます。 特にユニットバスの収納はそもそもスペースが少ないため、きれいに並べるのがより難しいでしょう。 本記事ではそんなお風呂場の悩みを解決するために、お風呂場に置いてすっきりさせる収納棚について徹底解説していきます。

更新日:2020年10月4日
771 views

お風呂に収納棚(ラック)を設置すべき理由

お風呂場にシャンプーボトル等を直置きするのは、ごちゃついた印象を与えるだけではありません。
床に置いたボトルの底がぬめぬめしたり、カビが生えるなどの衛生的にも良くありません。

お風呂場は「栄養・酸素・湿度」が揃った、カビの生育に最適な環境といえます。
最悪の場合、アレルギーや喘息の症状を引き起こしてしまいます。

そのためお風呂場の収納スペースは、バスグッズが乾燥するように工夫する必要があります。

お風呂の収納棚(ラック)の種類

お風呂の収納棚は大きく分けて3つの種類があります。

それぞれの特徴を説明するので、どのタイプが家のお風呂場にあっているか考える際の参考にしてください。

床に置くタイプ

まずは床(平面)に置く、安定感抜群な収納棚を紹介します。
簡単に動かせて使いやすい位置に置けるため、バスチェアに座ったまま頭・身体を洗う方にとっては使い勝手が良いです。

どのタイプの収納棚を購入するか悩むなら、床に置くタイプを選ぶことをおすすめします。

【タワータイプ】
ものによって、棚は1~3段に設計されています。1人暮らしの方には1段あれば十分です。
購入前に、シャンプーボトルを並べて置いたときの高さ・幅を計測して、収納棚に収まるかを確認しましょう。

縦幅はプッシュ式のボトルを押すのに十分なスペースが確保できるかも追加でチェックしておくことをおすすめします。

【コーナーラック】
名前の通り、お風呂場の角を有効活用できる収納棚です。

特にユニットバスで大活躍します。
浴槽の隅の小さいスペースに設置できるため、日々のストレスから解放されるでしょう。

脚にゴムがついたものだとずれにくく、収納している物が落下する心配がありません。

【トレータイプ】
バスタブのふちを利用して、収納スペースに変えるアイテムです。

このタイプの収納棚は収納する以外に、机としても活用できます。
そのため、半身浴などお風呂を楽しみたい方にぴったりです。

吊り下げるタイプ

吊り下げるタイプには、シャワーホルダーに設置するものと、タオルハンガーや物干し竿に吊り下げるものの2パターンがあります。
それぞれの特徴を確認していきましょう。

【シャワーホルダーに吊り下げる】
シャワーホルダーに引っ掛けるだけで設置が完了する手軽さが人気です。

床のスペースを取らないため、ユニットバスにおすすめのラックです。
ワイヤーラックのアイテムだと水切れがよく、ボトルの底がぬめぬめする心配がありません。

【バーを利用して吊り下げる】
お風呂場に設置されているタオルハンガーや、物干し竿に吊り下げるものもあります。

フック付きのワイヤーのかごを吊り下げるだけで、取り付けは完了です。
バーがしっかりしているため総重量を気にせず使えるのもポイントです。

壁に固定するタイプ

吸盤またはマグネットを使って、棚を固定するタイプもあります。
他の収納棚よりも収納力は劣りますが、その分すっきりして見えます。さらに好きな場所・位置に設置できるというメリットもあります。

浴槽の壁はマグネットを付けられることが多いですが、念のため購入前に確認しましょう。

お風呂の収納棚(ラック)を賢く使うポイント

つぎにお風呂場の収納棚を、さらに活用するための方法を3つ紹介します。

収納アイテムを分類する

身体を洗うアイテムと、浴槽掃除のためのアイテムは分けて収納しましょう。

例えば床に置くタイプならば、上段は身体を洗うアイテム、下段は浴槽掃除アイテムにすると、身体を洗うアイテムを清潔に保つことができます。

収納棚を最大限に活かすために、分類する時にしばらく使っていないアイテムは捨てると良いでしょう。

いくつかの棚を組み合わせる

今回紹介した収納棚をいくつか組み合わせて使うのもおすすめです。

先ほど説明した通り、身体を洗うためのアイテムと掃除アイテムは、衛生的に分類するべきです。
その際に異なるタイプの棚を組み合わせて、それぞれ使う時に便利な位置に配置するのも良いでしょう。

身体を洗うアイテムはシャワー付近に、掃除アイテムは入り口付近に置くと使い勝手が良いためおすすめです。

収納するアイテムの色を統一する

アイテム自体の色味を減らすと、生活感を無くすことができます。

例えばシャンプーやボティソープなら、市販の容器ではなく、同じ種類のボトルを買って色を揃えると、一気に空間が垢ぬけた印象に変わります。
特に白色が最も集めやすく、さらに清潔感を与えてくれます。

お風呂場の床に置くタイプの棚(ラック)3選

いよいよお風呂の収納棚のおすすめを9つ紹介します。

床に置くタイプ・吊り下げるタイプ・壁に貼り付けるタイプでおすすめの商品を厳選しました。

スタイリッシュなバスボトルラック

tower バスボトルラック

サイズ:約 幅28 × 奥行き13 × 高さ44 cm
材質: スチール(ユニクロメッキ+粉体塗装)
耐荷量:各棚:約 3 kg
商品の特徴

スタイリッシュなラックをお探しの方は、本商品を購入すれば間違いないでしょう。
シンプルで無駄がなく、9本のボトルをしまえる大容量のラックです。
底がぬめらないように斜めにボトルを収納できるデザインが最大の特徴です。
横にフックがついていて、ブラシや泡立てネットなどもまとめて収納できます。
このアイテム1つでお風呂場が一気にすっきりするでしょう。

1人暮らしにぴったり♪コンパクトなラック

シャンプースタンド2段 リッチェル

サイズ:本体:23.5×11.5×35H(cm)
材質:本体:AS樹脂、ゴム脚:ポリエチレン
原産国:中国
耐荷量:3kg
色:スモークブラウン、クリアブルー、ホワイト
商品の特徴

スモークブラウン・クリアブルー・ホワイトの3色から選べ、バスルームを好みの雰囲気にできます。
水抜き穴があるため常に清潔に保てたり、脚にゴムがついていてずれにくいなど、嬉しいポイントがつまったアイテムです。

浴室をすっきり見せる♪コーナーラック

シャンプーラック ディスペンサースタンド Wコートコーナースタンド2段 ラックス

サイズ:約 幅27.5×奥行19.7×高さ36(cm)
材質:本体:鉄(樹脂コーティング)
ゴム脚:塩化ビニル樹脂
耐荷量:上段:約2kg、下段:約3kg
商品の特徴

お風呂場の隅を有効活用したいなら、このスタンドがおすすめです。
しっかりとしたフレームの2段構造になっていて、1段目には石鹸等の小物類、2段目にはボトルと分けて収納できます。
汚れや錆に強いWコーティング仕上げが施されているため、お手入れが簡単です。

お風呂場に吊り下げるタイプの棚(ラック)3選

シャワーホルダーに吊り下げる3段ラック

ステンレス シャワーラック3段 FH-315 バス 収納 バスラック バス用品 整理棚 ラック 浴室収納

サイズ:224 X 147 X 559mm フックを含まず
本体重量:0.9Kg
素材・材質:本体・フック=ステンレス ハンガー・可動プレート=ABS 石鹸皿=PP
耐荷重:約3Kg フック300g含む
シャワーフック差込式
商品の特徴

こちらはシャワーフックに取り付けるだけで設置が完了する手軽さと、大容量の収納スペースが人気です。
1段目にボトル類を置き、2・3段目と側面のフックには、浴室内で使うカミソリや石鹸などの小物を置くことができます。
さらにタオル掛けやフックが付いている万能アイテムです。
ワイヤーラックなので、ぬめりにくく清潔に保つことができます。

浴室の物干し竿に吊り下げるシャンプーラック

ステンレス製 シャンプーバスケット /浴室用シャンプーラック H74712

■サイズ:幅25.8奥行9.7高さ33cm 重量0.4kg
■素材:18ー8ステンレス
■耐荷重約2kg
■脚部・背部に傷付防止クッション付き
■日本製
商品の特徴

浴室のタオルハンガーや洗濯物バーにかけて設置するバスケットです。
吊るしてそのまま使うことも、外して床に置いて使うことも出来ます。
このアイテムの1番の特徴は、連結して収納を増やせる点にあります。
バスケットごとに使う人を分けて収納すると、すっきりと使いやすくなりおすすめです。

シャワーヘッドを左右どちらにも取り付けられるラック

シャンプーラック ディスペンサースタンド Wコートシャワーラック2段 ラックス 吊り下げ

サイズ:約 幅24.3×奥行12×高さ50.9(cm)
材質:本体:鉄(樹脂コーティング)
ヘッドフック:ABS
吸盤:塩化ビニル樹脂
カラー:ホワイト・ブラウン
生産国:中国製
耐荷量:上段:約2.5kg、下段:約0.5kg
商品の特徴

シンプルなシャワーラックをお探しの方には、こちらをおすすめします。
ごちゃつく原因のボトル・小物を、1カ所に集められるアイテムです。
シャワーヘッドを左右どちらでも取り付けられるのが、嬉しいポイントです♪
アイテム自体がコンパクトなため、ラックに入る分だけのバスグッズを持つように決めると、自然と片付くようになるでしょう。

お風呂場の壁に固定するタイプのラック3選

便利なフック付き♪マグネットラック

tower マグネットバスルームラック ラージ (当社オリジナル別注サイズ)

サイズ:約 幅28cm × 奥行き12.5cm × 高さ12cm
材質:本体:スチール(ユニクロメッキ+粉体塗装)、マグネット
滑り止め:シリコーン
耐荷量:ラック:約 3kg
フック1つあたり:約 250g
商品の特徴

マグネットで浴室の壁に貼り付けて収納する、おしゃれなアイテムです。
3本のボトルを置ける程度の横幅に設計されています。
マグネットは取り外しが簡単なため、使いやすい位置にすぐ移動できてとても便利です。
シンプルなデザインでごちゃついた印象を与えないため、複数購入して用途や使う人で分けて収納するのも良いでしょう。

マグネットでひっつく!優秀な多機能ラック

tower タワー マグネットバスルーム多機能ラック ホワイト・ブラック

サイズ:約22㎝×11cm×12cm
材質:約3.5㎏
耐荷量:棚約1.5㎏、各フック約250g、タオルハンガー約500g
商品の特徴

マグネットで簡単に設置できる多機能ラックです。
トレー部分と引っ掛けて物を収納できる部分があるため、入浴時に使うグッズをまとめて収納できます。
コンパクトでシンプルなデザインのため、2つ買ってそれぞれ入浴グッズ・掃除グッズ用と分けてみるのはいかがでしょうか。

強力吸着!ステンレス製で錆びにくいラック

浴室用ラック 吸盤 強力 吸盤式 マルチラック 風呂 ラック 30cm幅 石鹸 バスルーム 棚 深型 dar-shamprack02 シャンプー収納

商品サイズ:W300×H150×D110mm
材質 ステンレス
耐荷重:約5kg(理論値)
商品の特徴

超強力な吸盤で取り付けるラックです。
その耐荷重はおよそ5㎏もありますが、強力な吸盤を使用しているため、ずれてくる心配がありません。
「吸盤で壁に付けるタイプは落ちてこないか不安」という方でも安心して毎日使えます♪

まとめ

今回はお風呂場に収納棚を設置すべき理由と、収納棚を賢く使う方法を説明しました。
また、記事後半で紹介した商品は、どれも手軽に取り付けられるアイテムです。
気になったものがあれば、ぜひお風呂場の収納に取り入れてみて下さい。
1日の疲れを癒すお風呂。そのお風呂場の収納を改善して、より快適な空間にしていきましょう。