キッチン下収納にオススメ商品9選!開き戸の収納方法・収納アイテム

キッチン周りには、鍋やフライパンなどの大きいサイズの調理器具や、調味料や食器などの細々としたものなど多くのものがあり、収納の仕方が難しいものです。 キッチン下の収納は、デフォルトのままではデッドスペースを有効活用できないため、収納アイテムを使うことをおすすめします。 今回は収納の手順から、キッチンの開戸タイプの収納に使えるグッズの種類を紹介します。収納アイテムを上手に使って、キッチン下をすっきりさせましょう♪

更新日:2020年9月13日
281 views

キッチン下収納にこだわるメリット

キッチン下を綺麗に整頓しておくと、調味料や食器などをすぐに取り出せます。そうすることで作業効率が大幅に上がり、スムーズに料理することができます。
毎日の家事の負担を減らすためにも、キッチン下の収納を上手く活用することが大切です。

また、キッチン下の収納にはデッドスペースができがちで、スペースが無駄になってしまうことが多くあります。以下で紹介するような収納アイテムを使えば、調理道具や皿などのキッチン用具がたくさんあっても、どこに何を入れ

キッチン下収納の手順

キッチン下の収納スペースには、フライパン・鍋などの比較的大きな調理器具や細々とした調味料、さらにキッチンで使う掃除用具などを収納しておくことがおすすめです。
これらをキッチン下に収納をする際に気を付けるべきポイントやコツを紹介していきます。

収納するものを分類し場所を決める

一般的に、キッチン下収納はシンク下とコンロ下の2つに分かれていることが多いです。
そのため、食器用洗剤など水まわりで使うものはシンク下に、フライパンや鍋、調味料など火のまわりで使うものはコンロ下などと、用途に応じて場所を決めて収納しておくと便利です。

また、キッチン下の収納スペースは湿度が高く食品の保存には向いていません。食品を保存する場合は、密閉できる容器や袋に食品を入れるなどの注意が必要です。

収納に役立つアイテムを用意する

キッチン下の収納スペースには棚板がついていないことも多く、収納に工夫が必要です。

詳しくは以下で紹介しますが、ラックや突っ張り棒などを購入してデッドスペースを有効活用して収納スペースをつくりましょう。その際、収納グッズの色や雰囲気を揃えると、キッチンスペースに統一感が生まれるためおすすめです。

スペースを有効活用して収納する

収納アイテムを使わずにキッチン下の収納をしようとすると、どうしても上方が空いてしまい、スペースが無駄になってしまいます。
この「デッドスペース」を活用してより多くのものを収納するために、収納グッズを使って工夫をすることが大切です。

キッチン下収納に役立つアイテム

キッチン下の収納に役立つアイテムを、種類別に紹介します。キッチンで使いやすそうなアイテムを探してみてください。

ラック

キッチン下収納に役立つラックには、さまざまな種類があります。ここでは、その主な3種類を紹介します。

【コの字ラック】
コの字ラックを置くことで、簡単に棚を増設して収納スペースを増やすことができます。

【伸縮ラック】
キッチン下のスペースや調理器具の大きさに合わせてサイズを伸縮できるラックです。ラックを購入してから「収納スペースとサイズが合わない」というようなとトラブルを回避できます。
どのラックを購入すれば良いか悩む場合は伸縮ラックを選ぶと良いでしょう。

【スライドラック】
ラックに付いているバスケットなどがスライド式になっているため、奥にしまった調味料も簡単に取り出すことができます。

ファイルボックス

仕事やワークスペースなどで主に使われるファイルボックスですが、実はキッチン収納にも非常に役に立つアイテムです。

皿やフライパンは重ねて置いておくと取り出しにくくなってしまいます。
そこで、ファイルボックスに入れて収納しておけば、どこに何が入っているかわかりやすくなり、ものも取り出しやすくなります。

つっぱり棒

収納スペースに突っ張り棒を取り付け、S字フックを利用するだけでおたまやフライ返しなどをすっきりとした見た目で綺麗に収納することができます。
突っ張り棒は壁面収納にも使えるため、見せる収納にも活用できます。

また、突っ張り棒にはラックタイプのものもあり、棚の中に取り付けるだけで収納スペースを1段増やすことができます。収納棚のスペースを有効活用することができ、便利です。

ワイヤーネット

壁に立てかけたり貼り付けるだけでおしゃれな収納スペースを作ることができます。
ひっかけるタイプの収納ボックスやS字フックと組み合わせて使用することで、調理器具から調味料まで幅広くさまざまなものを収納することができます。

カゴ・バスケット・ボックス

調味料の収納や、フォークやスプーン、お箸などの収納に役立ちます。
どうしても乱雑になってしまうキッチン下の収納ですが、ボックスやバスケットを複数個組み合わせて使うことで種類別に整頓しておくことができます。

ディッシュスタンド

お皿を重ねて収納しておくと、下にあるお皿を取り出すことが煩わしくなってしまいますよね。
しかし、ディッシュスタンドならお皿を横向きに並べておくことができるため、使いたいお皿をスムーズに取り出すことができます。
購入の際は、お皿のサイズに合わせた商品を選ぶようにしましょう。

キッチン下の収納スペースを賢く利用するラック3選!スライドラックも♪

それでは、実際に商品を紹介します。キッチン下の収納スペースを有効活用できるおすすめのラックです。

棚の高さを調整できる伸縮ラック

シンク下伸縮棚

商品サイズ(cm)
本体:幅約42~70×奥行約39.5×高さ約39.5
トレー(板):幅約11cm×奥行約39

耐荷重
全体:約5kg
棚1枚辺り:約5kg

主要材質
パイプ:塩ビ被覆鋼管
メッシュパネル:スチール
棚:ポリプロピレン
商品の特徴

シンク下の収納に便利な伸縮機能付きラックです。収納するものに合わせてラックの高さと幅を変えることができます。
また、ネジを使わずに簡単組み立てられるのも魅力ですね。
フライパンや鍋などの調理器具もデッドスペースを有効活用して収納できるでしょう。

調味料を簡単に取り出せるスライドラック

シンク下スライドラック

サイズ 約 幅19×奥行45×高さ38/40.5/43(cm)
重量:約1.26kg
内容量 1台
材質 トレー・キャップ:ポリプロピレン
車輪:ポリアセタール
レール・上下枠フレーム:ABS樹脂
パイプ:スチール(PPコーティング)
商品の特徴

幅が比較的狭い、引き出し式のラックです。
下段に収納するものの高さに合わせてラックの高さを調節できるため、サラダ油やワインボトルなどもスペースを無駄にせず収納することができます♪
スライド式で奥にあるものも楽に取り出しできますです。

フライパン・鍋も置けるバスケットタイプのラック

キッチンバスケットラック

商品サイズ(約):幅32×奥行45.5×高さ45.5cm
材質:スチール(クロムメッキ)
耐荷重:全体15kg
商品の特徴

シンク下収納に便利なバスケットタイプのラックです。
フライパンなど、比較的大きな調理器具も収納でき、スペースを有効活用することができます。
バスケットはスライド式のため、奥に収納したものも楽々取り出せます。

キッチン下の収納に最適なアイテム3選!ニトリも♪

棚になる!伸縮機能付きの突っ張り棒

伸縮つっぱり棚

商品サイズ(cm):幅約65~95×奥行約24×高さ約2.2
重量:約0.73kg
耐荷重(約) 65cmの場合:30kg、95cm場合:20kg
材質:塩化ビニル被覆スチールパイプ、ポリプロピレン、ABS樹脂、EVA樹脂、スチール(メッキ仕上げ)
商品の特徴

お家のキッチン棚に合わせて使える伸縮式のつっぱり棚です。
取り付けアダプターが付属しており、釘やネジを使わずに取り付けることができます。
段がなく空いてしまった、棚の上方スペースを有効活用することができます。

キッチン下収納の隙間にぴったり!自立型ワイヤーネット

キッチン自立式万能メッシュパネル

サイズ:幅 52cm、奥行き 13cm、高さ 52cm
重量:1200g
材質:本体 スチール(粉体塗装)、付属品 緩衝材×4 六角レンチ
耐荷重:約5kg
商品の特徴

コンロやシンク周りに置いて使うことができる自立式のキッチンパネルです。
非常にシンプルな造りをしたラックのため、スペースを有効活用することができます。
調理器具をかけておくなど、使い方は自由自在です。
他の関連商品と合わせればさらに便利に使うことができます♪

キッチン下にぴったり!重ねておける蓋付きの収納ボックス

フタ付き収納ボックス Nロビン

色:ホワイト
主な素材:ポリプロピレン
サイズ(約):幅35×奥行37×高さ20cm
保証年数:1年
重量:約670g
商品の特徴

様々な用途に使用できる、ニトリの収納ボックスです。
キッチン下の収納に使う場合は、調味料を並べて保管したり、細々としたキッチン用品を整理するといった使い方がおすすめです。

キッチン下に食器を収納するのにぴったりなディッシュスタンド3選

棚板にひっかけても使える!2wayディッシュスタンド

ディッシュストレージS プレート

商品サイズ:約幅21.5×奥行き18.5×高さ9cm
品質表示:本体:スチール(粉体塗装)
重量:約350g
対応サイズ:約幅21.5×奥行き15cm
耐荷重:約1.5kg
商品の特徴

収納のしかたによって使用方法を変えられる2wayタイプのディッシュストレージです。
そのまま棚板に置いて使う方法と、棚板にひっかけて収納スペースを少し増やす方法の2通りです。
約1.5kg の耐荷重があるため、少し重いお皿でも収納できます。

珍しい3段タイプ!キッチン下を無駄なく活用するディッシュスタンド

TOWER ディッシュストレージ 3段

サイズ:約 幅26.5×奥行19.5×高さ16.5cm
素材:本体:スチール(粉体塗装)
対応サイズ:約 φ15~26cmのお皿が、各段に約6~8枚程度収納できます。
重量:510g
商品の特徴

スペースが3段階になっているタワー型のディッシュストレージです。
お皿の大きさに合わせて収納できるため、すっきり見せることができます。
上にいくにつれてスペースが小さくなる構造で、お皿の出し入れも簡単です。

キッチン下にお皿を立てて収納できる!シンプルなディッシュスタンド

【日本製】 SALUS(セイラス) デイリー ディッシュスタンド

全体サイズ:幅115×長さ245×高さ100mm
1区切の間隔:内寸34mm
重量:514g
材質:18-8ステンレス
商品の特徴

お皿を最大5枚立てかけて収納できるディッシュスタンドです。
シンク周りにおいたり、収納棚と組み合わせて使用することもできます。
丈夫な作りでラックごとの間隔が広いため、大きなお皿もしっかり支えられます♪

まとめ

キッチン下の収納は、収納アイテムを使わないとどうしてもまとまらないものです。
特に、本記事で使い方を説明した下記の6つのアイテムは収納に役立ちます。種類が異なるアイテムを組み合わせて使用すると、キッチン下に物をより一層収納することができるでしょう。
・ファイルボックス
・つっぱり棒
・ワイヤーネット
・カゴ・バスケット
・ボックス
・ディッシュスタンド

今回紹介した商品を参考にして、デッドスペースを有効活用した収納にチャレンジしてみましょう。日々の料理や家事のストレスが軽減されるかもしれません。