鍋蓋収納アイテム11選!収納のコツや賢い収納方法を紹介!

突然ですが、鍋蓋をどのように収納していますか? もし鍋と重ねて収納しているなら、それは間違った収納方法といっても過言ではありません。 今回は調理・片づけが楽になる鍋蓋収納のコツと、便利な鍋蓋収納グッズを紹介します。 よりきれいで、使いやすいキッチンにしたいと思っている方には必見の内容です。 ぜひ最後までご覧ください。

更新日:2020年10月21日
771 views

鍋蓋を収納するコツ

鍋蓋を収納するコツはいくつかあり、それらのポイントを押さえておくとグッと使いやすいキッチンになります。
まずはそれらを順番に説明していきます。

鍋と蓋は別々で収納する

鍋と蓋は何となく一緒に収納してしまいがちですが、別々で収納する方が効率的です。

鍋と鍋蓋を一緒に収納していると、鍋蓋を使わない料理の時に、鍋蓋の置き場に困りますよね。
しかし、鍋と鍋蓋を別々に収納しておけば、調理中に鍋蓋が必要となったタイミングで収納場所からサッと取り出せます。

ほとんどの場合、鍋蓋はどこのメーカーでもサイズが同じです。
「大きな鍋の蓋/小さな鍋の蓋」というように鍋蓋をジャンル分けして、ジャンルごとにまとめて使いやすい場所に収納すれば、作業効率がグッと上がるでしょう。

鍋蓋を重ねて収納しない

鍋蓋は「縦向きに立てる」もしくは、「引っ掛ける」のどちらかが収納の基本です。

鍋蓋を重ねて収納するのは絶対にやめましょう。
取り出しにくいのはもちろんのこと、鍋蓋どうしがぶつかり、最悪の場合滑り落ちてひび割れてしまいます。

収納アイテムを活用する

先ほども指摘したように、鍋蓋は立てる収納がポイントです。

しかしご存じの通り、鍋蓋だけでは自立しませんし、キッチンのどこか空いているスペースに立てかけるのでは見栄えが悪いです。

そこで収納アイテムの活用をおすすめします。収納アイテムによって整理整頓が簡単にでき、デッドスペースも有効活用できるようになります。
具体的にどのような収納アイテムがあるのか見ていきましょう♪

アイテムを使用して鍋蓋をすっきり収納する方法

次に収納アイテムを使用した、鍋蓋収納のアイデアを紹介します。

縦向きに立てかける・吊り下げる収納の両方ともが、100円均一やネットショッピングで手軽に手に入るグッズだけですぐに出来ます。
気になるアイデアがあればぜひ試してみてください♪

スタンドを使用して鍋蓋を立てて収納する

・鍋蓋スタンド
収納スペースの大きさに関わらず活躍してくれるのが鍋蓋スタンドのいい所です。

鍋蓋のサイズに合わせて伸縮させるなどカスタマイズでき、一列に整理整頓することができます。
そのため見た目もすっきりとした印象で、どの鍋蓋をどこに立てているのか一目で分かります。

・ディッシュスタンド
仕切りがあり、すっきりとした印象になります。
仕切り幅が固定されているため、薄めの鍋蓋を収納するのに適しています。

気に入ったデザインのディッシュスタンドがあれば、活用するのも良いでしょう。

ただし、専用の鍋蓋スタンドのほうが、伸縮性があったり滑り止めが付いていたりと実用的といえます。

・書類ボックス
書類ボックスをキッチン下の引き出しや、シンク下の収納スペースに設置するだけで、鍋蓋を簡単に立てて収納できるようになるという手軽さが人気です。
幅も比較的広いため、鍋蓋の取り入れが簡単です。

またプラスチック製のものは丸洗いや水拭きをしやすいため、清潔に保ちやすいことも強みのひとつです。

書類ボックスをシンク下の奥行きがある収納スペースに設置する場合は、引き出しやすいように取手があるタイプのものを選びましょう。

鍋蓋ラック

シンク下の扉の内側や吊り戸棚のデッドスペースを有効活用するなら、鍋蓋専用の収納フックを使いましょう。
100円均一でも手に入るアイテムです。

釘や接着剤が必要なく、扉に引っ掛けるだけで簡単に設置できるため、賃貸の部屋でも使えます。

フックを使用して鍋蓋をぶら下げる

鍋蓋自体がフックにひっかけられる構造になっている場合はS字フックなどにひっかけて収納しましょう。
片手ですぐに取り出せるため、調理中の小さなストレスを解消してくれます。

特にツールバーがあるキッチンならば、鍋蓋収納にも活用しましょう。
ツールバーはしっかりと固定されているため、S字フックを使用すれば2,3個の鍋蓋を引っ掛けておくことが可能です。

他の調理器具とまとめて置けるため、調理中の導線を考えると最も効率的な置き場といえます。

また、薄くて軽いものなど鍋蓋の形状によっては、強力吸着フックにそのまま引っ掛けて収納することもできます。

突っ張り棒を使用する

キッチンに深さのある引き出しがある場合は、突っ張り棒を活用するのも有効です。
手前に少し隙間を残して突っ張り棒を取り付けます。
その隙間に蓋を設置すれば、鍋蓋の収納スペースになります。

また突っ張り棒を庫内の上部に取り付け、さらにフックを引っ掛ければ、鍋蓋を吊り下げて収納することも可能です。
このように突っ張り棒をつかえば、自由自在に収納スペースが作れます。

引き出し収納に最適な鍋蓋収納アイテム3選

ここからは鍋蓋収納のコツをふまえて厳選したアイテムを紹介していきます。
設置の手軽さも重視して選びました。
きっと気になるアイテムがあるはずです!

伸縮機能でサイズを調整できる鍋蓋スタンド

フライパン&鍋蓋スタンド シンク下 伸縮鍋蓋&フライパンスタンド タワー tower

サイズ:約 幅45~82×奥行20×高さ21(cm)(取っ手置き含む
内容量:本体×1、仕切パーツ×10、取っ手置きSET×1
材質:本体 ABS樹脂、仕切りパーツ スチール(粉体塗装)、取っ手置き スチール(粉体塗装)、ストッパー シリコーン
カラー:ホワイト、ブラック
生産国:中国製
備考:18cm~30cmまでのフライパン対応、45cm~82cmまで伸縮可能
商品の特徴

伸縮するフライパン&鍋蓋スタンドです。
スタイリッシュなデザインが魅力のtowerシリーズ商品で、シンプルながらも機能性が高い商品です。
幅が45~82㎝にスタンドが伸縮するため、収納スペースに合わせて幅を変えられます。
さらに仕切りも3㎝ごとに調節可能で、フライパン・鍋、蓋の大きさに関わらず自由に収納可能です。
デザイン性・機能性がばっちりなので、迷ったらこの商品を買えば間違いないでしょう♪

鍋蓋を縦に収納したい方におすすめのスタンド

鍋フタスタンド トレー付き鍋蓋スタンド ホワイト プレート Plate

サイズ:約 幅16×奥行13×高さ31.5(cm)
重量:約600g
材質:本体 スチール(ユニクロメッキ、粉体塗装)、トレー ポリプロピレン
生産国:中国製
備考:耐荷重各段約1kg、トレー (耐熱温度)160度、(耐冷温度)-40度
対応サイズ:直径約15cm以上の鍋蓋
商品の特徴

縦並びで3つの鍋蓋を収納できるスタンドです。
鍋蓋を取り出しやすい角度に設計されているため、調理中の蓋置きとしても活躍してくれます。
持ち運びに便利な取手が付いており、置く場所を選びません。
またスタンドの下にあるトレーが鍋蓋から出た水滴をキャッチするため、とても衛生的です。
このトレーは着脱が簡単なため、汚れが気になった時にすぐお手入れができます。

シンク下の引き出し収納に最適な鍋蓋収納バー

tower / タワー シンク下伸縮鍋蓋収納バーセット

サイズ:(本体A)560~910mm×奥行き 20mm×高さ 15mm (本体B)560~910mm×奥行き 20mm×高さ 67mm
対応サイズ:(引き出しのサイドバーの幅)約55.5cm~90.5cm以内,(引き出しのサイドバーの直径)約 1.2cm以内
重さ:約 560g
素材:本体 スチール( 粉体塗装 )、滑り止め シリコーン
耐荷重:本体A・Bの上にものを収納した時 約 2kg( 衝撃をゼロとした場合の静止耐荷重 )
商品の特徴

シンク下やコンロ下に設置されている引き出し収納をとにかく有効活用したい方には、この商品がおすすめです。
収納バーを引き出しに掛けるだけで収納量がグンと上がります。
もちろん幅は伸縮可能で、約55.5~90.5㎝の引き出しに対応しています。

取り付け場所いろいろ!鍋蓋フック4選

レンジフードに取り付けられる鍋蓋フック

レンジフードなべ蓋ホルダー tower タワー 山崎実業 鍋フタ置き 蓋置き キッチン 収納 換気扇 鍋フタスタンド ホワイト ブラック

サイズ:約W17×D13.5×H47cm
素材:[本体]スチール(粉体塗装)、[キャップ]シリコン
耐荷重:約3kg(ハンガー1つあたり約1kg)
対応サイズ:[レンジフードの幅]約17cm以上、[折り返しの厚さ]約3mm以内、[折り返しの高さ]約7mm以上、[溝幅]約3mm以上
直径15cm以上のなべ蓋に対応
商品の特徴

デッドスペースになりやすいレンジフード下を有効活用できる鍋蓋ホルダーです。
レンジフード下に鍋蓋を収納しておくと、調理中にすぐ取り出せるため一番合理的な収納場所といえます。
レンジフードの折り返し部分に本体を引っ掛けて、ネジで固定するだけの簡単な設置です。
さらに、シンプルで無駄のないデザインが、まるで海外のキッチンのような雰囲気にしてくれます♪

吸着シートでどこにでも取り付け可能な鍋蓋フック

鍋ふたラック 吸着シート付き ステンレス製 何度でも貼れる リッドホルダー

サイズ:本体 約 幅17.5×奥行14.5×高さ39.5(cm),吸着シート 約 幅22×高さ7.5(cm),保護シール 約 直径2(cm)
内容量:1個
材質:本体:ステンレス,吸着シート:ポリエチレンフタレート、ポリウレタン系吸着剤、ポリカーボネート(フック部),保護シール:ポリエチレンフタレート、ポリウレタン系吸着剤
生産国:台湾性
備考:耐荷重5kg
商品の特徴

吸着シートで壁にくっつけるタイプの鍋蓋ホルダーです。
5キロの重さまで耐えられるよう設計されているため、鍋蓋の重さでずり落ちる心配は要りません。
吸着シートが貼れる平らな場所ならば置く場所を選ばないので、冷蔵庫や壁など置く場所を選ばないのも嬉しいポイントです。

シンク下の扉用!省スペースな鍋蓋ラック

ASVEL/アスベル レア Wコートなべフタラック(鍋蓋ラック) シンクドア用

サイズ:幅206×奥行145×高さ515mm
重量:341g
材質:支持部・固定フック:ABS 調節ネジ:PP 掛け具:POM ラック:スチール(樹脂コーティング) スベリ止め:エラストマー
耐荷重:2.4㎏
商品の特徴

キッチンの目に見える場所になるべく物を置きたくない、そんな方にはこの商品をおすすめします。
シンクのドアの内側に、3つの鍋蓋が収納できます。
高さ調節が可能で、収納スペースを最大限に活用できます♪

吊り棚に設置するタイプの鍋蓋フック

シャンディニー Chandeny まな板 ハンガー 鍋蓋置き おたま掛け フック 差し込み キッチンツール 収納(ホワイト)

サイズ:(約)幅23.8cm奥行24cm高さ13cm
耐荷重:1~2kg
商品の特徴

戸棚に引っ掛けるだけのキッチンハンガーです。
設置するのに工具が一切必要なく、賃貸にお住まいの方でも安心して使えます。
収納ハンガーには鍋蓋やまな板が収納できる上に、レール部分にはおたまやレードルなどを吊るすことができるとても便利なアイテムです。

便利な鍋蓋収納アイテム4選

シンク下にぴったり!キャスター付き収納ボックス

シンク下 収納 シンク下ボックス M ホワイト

サイズ:幅14.5×奥行45.7×高さ24.2cm
内寸サイズ:幅10.5×奥行43×深さ18.5cm(前側)※奥下にコロ分の凸部あり
材質:ポリプロピレン
製造国:日本
商品の特徴

奥行のある収納スペースにはこの収納ボックスがおすすめです。
キャスターがついているため、奥に収納したものでも取り出しが簡単です。
さらに側面がU字の切り欠き形状になっており、鍋蓋の取手やハンドルがかさばらずに収納ができるよう設計されています。

鍋蓋の取手が邪魔にならない収納ボックス

天馬 キッチン収納 シンク下 ファビエ 仕切るケース 引出用 180 ホワイト

サイズ:幅18×奥行30×高さ18cm
重量:615g
材質:本体/ABS樹脂 連結パーツ/ポリプロピレン
耐熱温度:70度
製造国:中国
商品の特徴

収納ボックスの両側にくぼみがあり、鍋蓋のつまみを引っ掛けて収納できます。
取手が付いているため引き出しが簡単です。
また、ボックス同士を積み重ねることも、ジョイントを使って連結させることもできる優秀なアイテムです♪
何個かまとめて購入して、収納スペースを有効活用しましょう。

鍋蓋がかさばらない!テープ式収納

鍋ふたスタンド テープ式 戸棚裏収納 JosephJoseph ジョセフジョセフ カップボードストア パンリッドホルダー 4ピースセット

サイズ:約 幅19×奥行2.3×高さ3.7(cm)
内容量:4個
材質:ABS樹脂
耐熱温度:70度
商品の特徴

イギリス発のテーブルウェアブランドによる鍋蓋スタンドです。
粘着テープで取り付ける手軽さがありながら、強力で跡が残らないテープを使用しているためずり落ちる心配はありません。
直径24㎝までの鍋蓋を収納できます。
スタイリッシュなデザインで置き場所を選ばないのも人気のポイントです♪

シンク下の扉に取り付けられる収納ラック

タカラスタンダード マグネット収納 かくせるラック なべふた・まな板立て MGTS-475 40452953

メーカー品番:40452953
品名:MGTS-475
サイズ:幅475×奥行き90×高さ180mm
商品の特徴

こちらの収納ラックは、マグネットでがっちりと固定できるため置く場所を選びません。
重い鍋蓋やまな板を立てかけて収納できるとても便利なアイテムです。
デッドスペースであるキッチン下収納の扉の内側に取り付けると、すっきり収納できるだけでなく、調理中にサッと取り出せるためおすすめです。

まとめ

「縦向きに立てかける」、「吊り下げる」のどちらが家庭のキッチンに合っているかイメージはできましたか?

もし鍋蓋を何となく鍋の近くに置いて満足していたのならば、ぜひ収納グッズを活用していきましょう。

一度収納グッズを活用すると、とても便利なことに気付くはずです。
本記事を参考に、キッチンでの作業をより充実したものにしていきましょう!