人気の北欧スタイルのインテリアとはどんなスタイル??

IKEAの日本進出などもあり、北欧インテリアや北欧家具などは多くの人が知っている昨今ですが、北欧インテリアがどのようなスタイルであるのかを厳密に理解している方は意外と少ないのではないかと思っています!そこでこの記事にて北欧インテリア・北欧家具・北欧スタイルとは何か、をご紹介していきます♪

北欧インテリア・北欧スタイルとは?

北欧スタイルとは、スカンジナヴィアンスタイルとも呼ばれており、北欧のスカンジナヴィア半島のスウェーデン、フィンランド、ノルウェー、デンマークのインテリアスタイルの総称です。

北欧諸国は冬の期間は長く、昼間の時間がとても短いことから、家の中で過ごす時間がとても長いのが特徴で、Fikaなどのティータイムを楽しむ文化などが充実しています。そのため、いかに室内空間を”楽しく快適で、居心地よく過ごすか”ということにこだわる傾向が強くなり、結果としてシンプル&ナチュラルなテイストで春を感じさせてくれるような温かみのあるスタイルが確率されたようです。

また、北欧からはアルネ・ヤコブセン氏を筆頭に多くの有名デザイナーを排出しており、インテリアは北欧を代表する産業・文化の一つと言えます。

北欧スタイルを演出するための家具選びのポイント

北欧スタイルのインテリアコーデは、実は日本の住宅環境と相性がいいんです♪

北欧の住宅は壁色が多く、床色はライトブラウンなどの木彫のお部屋が多い印象で、日本の一般的な家と非常に類似しています。北欧家具はそんな北欧の住宅事情に合わせて成長してきたため、日本の住宅とも相性抜群であると言えます。

 北欧家具の特徴としてはシンプルでスタイリッシュなデザインでナチュラルな素材を用いることで、どこか温かみのある印象を残しています。

 コーデのポイントは、パイン材やビーチ材、オーク材などのウッド調の脚や天板、できれば丸みのある加工をされているパーツのモノで、布地などは柔らかいトーンのグレーやカラーのものの組み合わせであるとしっくりくるかと思います。

 また、北欧は有名デザイナーも多く排出しており、そういったデザイナーの家具であれば、基本的に北欧スタイルのインテリアコーデにはしっくりくるかと思います。

シンプルながらも柔らかいデザインの活きた北欧テイストの天井照明

出典:rakuten

北欧スタイルのインテリアコーディネートに於いて、照明選びは一つの大きなテーマと考えています。写真で紹介している照明は北欧デザイナーのリプロダクトのアイテムですが、北欧インテリアにおいて照明やライトは有名なデザイナーも多く非常に種類が豊富でどんな雰囲気に仕上げたいのかを考える際には絶対に避けては通れないアイテムです!

モダンなものから、スタイリッシュなもの、木の温もりを感じられるものまで様々なタイプの北欧テイストの照明が存在しているので、色々見て検討することをおすすめします!

 

柔らかい天然木の表情を活かした柔らかいデザインのダイニングテーブル・チェアセット

出典:rakuten

ダイニングは北欧インテリアの空間作りを考える中で、家の中でも中心となる重要な空間です。そのため、テーブルとチェアの選択は雰囲気を大きく左右するアイテムです。

北欧スタイルのダイニングを作り上げるにはベースのウッドの色や風合い、座面が布地であれば、その色調はなるべく柔らかく、トーンは低いモノを選ぶとお部屋に合わせやすいのでオススメです♪

テーブルもチェアも家具の中では大型の部類なので慎重に選ぶことをおすすめします。

また、北欧インテリアではマリメッコを始めとしたテーブルクロスも北欧らしい雰囲気を作る上で使用されることも多いので、ぜひ合わせて考えてみてください!

ウッドの脚や肘置き、トーンの低いカラーと風合いのある布地がおしゃれなソファ

コーディネートを考える際に、ソファはお部屋の雰囲気を左右するアイテムで、北欧スタイルのインテリアコーデでも同じく重要です。ただ、北欧インテリアに於いては素材感やカラーを周辺家具と上手に合わせることが一番重要なポイントとなります♪

北欧スタイルには幅広いソファが相性がいいので、全体感を決めてから選択することをオススメします!

天然木の温もりとシンプルなデザインが使いやすい北欧テイストのローテーブル

出典:rakuten

ローテーブルを考える際は、多くの方がまずソファやクッションなどと合うテーブルは何かを考えることをオススメします。特に北欧スタイルのコーデの場合はローテーブルはウッドのモノを選ぶのが王道なので、ソファの脚や肘置きの木材の色や材質を確認してから合わせて選ぶと相性がいいコーディネートになります♪

あとはサイズや用途により、様々なデザインのローテーブルが在るので、色々比較検討してみてください!

華やかな柄が北欧スタイルのコーディネートを引き立てる遮光カーテン

出典:rakuten

カーテンはお部屋の中でも非常に目がいくアイテムです。そのため、カーテン選びは正確な採寸だけではなく、カーテンやソファ、ラグやクッションなどとの相性をしっかりと考えて柄を選ぶようにしましょう。

特に、北欧スタイルでのカーテンは、他のスタイルのコーディネートと比べ、カーテンには確実に柄物をチョイスすると言っても過言ではない程、柄・デザイン選びは重要です!

ですので、カーテン選びの際は熟考して選んで欲しいと思います♪

北欧デザインの巨匠ヤコブセン氏の北欧スタイルにマッチする壁掛時計

出典:rakuten

有名なインテリアデザイナーを多く輩出している北欧。その中でもアルネ・ヤコブセン氏は代表的なデザイナーです。北欧の地が育てた感性から生まれたデザインだからこそ、ヤコブセン氏の時計は北欧スタイルのインテリアにしっかりマッチします♪

他にも有名デザイナーの手掛けた時計は多数あり、天然木を使用した時計は北欧スタイルには合うので、是非色々探してみてください!

トイレマットやアイテムを北欧テイストにアレンジし、オシャレなトイレを実現

トイレマットやスリッパなどもオシャレなお部屋作りにこだわりたい方としては押さえておきたいポイントですよね!北欧テイストにトイレを仕上げるには、北欧テイストな柄のアイテムをチョイスすれば簡単に作り上げることができますよ♪

アートパネル・ウォールアートで北欧スタイルのコーディネートを格上げする!

北欧スタイルのコーディネートを仕上げるには、アートパネルやウォールアートは欠かせないと考えています。簡単な取り入れ方は紹介しているような色の統一感の在るアートをサイズ別で連続で配置したり、白黒の写真をサイズをバラバラにした同色のフレームに入れて飾ることでオシャレな雰囲気を実現することができます♪

是非、メインの家具が決まったら、コーディネートを格上げするためにもチャレンジしてみてください!

キャンドルや北欧雑貨を取り入れて、オシャレな雰囲気を演出する♪

多くの人が北欧雑貨にオシャレなイメージを持っているのではないかと思います。特に北欧ではキャンドルを演出のために使う文化は一般的に浸透しており、いろんな種類のハイセンスなキャンドルや北欧雑貨があり、取り入れるのはオススメです♪

他にも様々な北欧雑貨が在るので、是非探してみてください!

まとめ(最後に)

北欧スタイルのインテリアコーディネートをご紹介して参りましたが、いかがでしたか?

前述した通り、北欧インテリアは日本の住宅とも非常に相性がよく、日本でもIKEAをはじめ比較的安価に北欧テイストの家具が購入できるため、多くの人にチャレンジしてもらいやすいスタイルです。ポイントを押さえてコーディネートすれば比較的簡単にオシャレな北欧コーディネートが完成するので、是非取り組んでみてください♪

Related Articles関連記事