インテリアグリーンでお部屋を鮮やかに♪

お部屋のデコレーションの定番はなんと言っても観葉植物(インテリアグリーン)です! ただ、ひとえに観葉植物と言っても、以外と置き場所や種類などわからないことがたくさん有りますよね! 今回は置き場所やどんな種類の観葉植物があるのかなどを中心にご紹介していきます♪

更新日:2020年7月3日
652 views

観葉植物を置く場所

テーブル・机の上にシンプルに飾る

一番王道のスタイル♪
テーブルやデスクの上に邪魔にならない小さめの植物などを配置する 最もポピュラーな方法です。 テーブルのサイズにも寄りますが、いろいろな種類のインテリアグリーンを置くことができます!

本棚などのディスプレイの中に忍び込ませる

こちらの方法は小さな植物がメインになりますが、 本棚の空いているスペースを有効活用するなど、工夫次第で 幅広くコーディネートを引き立てることができます! 低い棚であれば、テーブルなどの上同様に色々な植物を置くことが
可能です! ポイントしては一点だけでなく、何点か置いて賑やかにするのがいいでしょう♪

部屋の隅にアクセントとして大きい植物を

この方法は大きめの植物で一気に部屋にグリーンのインパクトを 与えることができます♪ 小さい植物では実現できない豪快さが魅力的な方法です!

壁に植物

こちらは近年「ミドリエ」という商品で色々な場所で見るように なったもので、お子さんやペットがいらっしゃり、倒してしまう ことに危険性を感じる方には特にオススメの方法です! 特に壁というデットスペースになりがちな場所におけるので、 いい有効活用にもなりますし、何より部屋の雰囲気に潤いを与えるのには 非常に効果的なグリーンの取り入れ方だと思います!

天井から吊るして空間を上手に利用

天井から吊るす方法はよく天井の高いおしゃれなカフェなどの飲食店や アパレルなどのショップで目にする方法です♪ 自宅でも天井が高く、吊るすスペースがある方はハイセンスな雰囲気を作りだすのには 最適な方法なので、ぜひお試しくだしい! 大切なのは、あまり手入れの必要でないものを選択することです。 天井が弱いお家ではやめて置いた方がいいかもしてません。

部屋全体にふんだんに置いてしまう

この方法はかなりセンスが問われることにはなりますが、 お部屋全体がすごく爽やかで温かみのある雰囲気になるので、 オススメではあります! この際、一番大切になるのは、植物の系統をちゃんとバランス良く選ぶ ことです。南国風のものと和のものなどを下手に組み合わせると一気に 格好悪くなってしまいますので、インテリアグリーンの販売店でセンスのいい お店のスタッフさんなどに各植物の相性などはアドバイスをもらってから購入 していったほうがいいかと思います。

手入れのし易さから見る観葉植物の種類

季節に合わせた植物

日本には四季があり、それぞれのタイミングで象徴的な草花があります。 上記の写真はクリスマスシーズンを象徴するポインセチアというお花ですが、 他にも様々な種類の季節の草花がありますので、季節と共に替えて 楽しむのは一興です♪

多肉植物などの手入れに手のかからない植物

多肉植物とは、極度の乾燥や塩分の多い土地でも生きていくために、葉・茎・根に 水分を多くためることができる植物のことで、サボテンもその仲間です。 見た目がぷくぷくしており、可愛らしいなど種類によって特徴があり、水やりの手間があまりかからず育てやす いので、
初心者の方にもオススメです。

エアプランツ

エアプランツは、土が不要で育ち、場所を選ばず飾れることもあり非常に人気になってきています。 成長のスピードはゆっくりで、ものによってはお花もさきます♪ こちらも水やりはそんなに頻繁でなくても大丈夫なので、初心者の方にもオススメです。

プリザーブドなどの乾燥植物

プリザーブドフラワーとは、生花と変わらない外観を持ちながら、美しさを長く保つことができる 加工をしたものです。高温多湿な場所や直射日光や強い光を避け、ちゃんと手入れをすれば、 5年程度は枯らさずに楽しむことができます。

造花

プラスチックや紙・布などを使い、本物の花に似せて作られた人口の花のことです。 近年ではニトリなどの家具ショップでクオリティの高い造花やインテリアグリーンが売っています。 部屋全部を造花で彩るのは、どこか味気ない気もしますが、手入れのことも考えると一部造花を 取り入れてしまうのは選択肢としてアリだと思います♪