アクセントカラーの達人になって、オシャレ部屋を実現!グリーン編

失敗しないように部屋のコーディネートを考えていくと、どうしても全体として無難で普通なお部屋になってしまうという体験はありませんか? そうかと言って印象や色の強いアイテムをランダムに部屋に取り入れてしまうと、お部屋の雰囲気はカラフルになってしまい、目指していたイメージと違う!ということも往々にしておこってしまいます。今回は『グリーン編』ということで、グリーンを活用したお部屋へのアクセントカラーの使い方をご紹介をしていきたいと思います!

更新日:2018年3月16日
11493 views

色の特徴を知る

『グリーン』の特徴

多くの方が連想されるように、『グリーン】はもともと自然の木や森から由来する色とい うこともあり、
リラックスできる空間を演出できるでしょう。 また、自然由来の色ということもあり、現代の木目調のフローリングや家具などとは非常 に相性がいいんです。 インテリアコーディネート初心者の方でも挑戦しやすいカラーでしょう!

床や壁などの色

ライトブラウン

ライトブラウン(明るいベージュ)の床には落ちついたモスグリーンなどの 色調が非常にマッチます。また、ウッド系の家具を置く際も暗すぎず薄すぎないブラウン のものが相性がいいです。変に発色がいいグリーンや明るすぎるブラウンの家具も避けた 方がいいですね。

ミディアムブラウン

ミディアムブラウンは一番ブラウンの主張が強くなりますので、色味を うまく生かすコーディネートをするように心がけた方がいいでしょう! この色味の床と相性がいいのは色味と素材感の柔らかいグリーンがベストです。 発色が良すぎるものはブラウンの主張と喧嘩してしまうので、注意が必要です。 ただ、ミディアムブラウンはブラウンの中間色になりますので、幅広くウッド系の家具 と相性がいいので、コーディネートが簡単です♪

ダークブラウン

ダークブラウンの床はクールなスタイルにするのに非常に適しています。 この場合は一番グリーンを活かしやすい床色で、写真のようなモスグリーンも 発色がいいグリーンも、淡いパステル系のグリーンも全て組み合わせ次第で マッチしてしまいます! また、ミディアムブラウンほどではありませんが、こちらもウッド系の家具は非常に相性 がいいです。 写真ほど暗い床であれば、あえてモノトーン系の家具をふんだんに使い、スタイリッシュ なスタイルを作り上げるのにも適しています。

その他の床色

日本の賃貸や一軒家ではなかなかお目にかかれないかもしれませんが、 一部のおしゃれ物件では床色がホワイトやブラック、はたまたコンクリート 調のグレーな どがあります。 そういったモノトーン系の床色の場合は発色のいいグリーンやモスグリーンなど、あくま でスタイリッシュさを保てるような色使いがオススメです。

色のトーンを考える

グリーンと言っても元は青と黄色の混合色です。ただ、インテリアコーデにおいて、 青の比率が高い色が非常にオシャレ度の高い空間を作り出せます。 下記の色はそのグリーンの中でも具体的にオススメの色です! グリーンに限らず、微妙な差異ですが色の選び方はとても大切なので、 是非ご参考にしていただければと思います!

小物でグリーンの取り入れる

インテリアグリーン

グリーンの差し色を入れる上で、一番王道で人気があるのは、 上の写真のように観葉植物を上手に取り入れることです! 植物の種類を特段間違えることだけしなければ、お部屋に グリーンのアクセントを添えてくれる上に、安らぐ雰囲気を 生み出してくれすます!

クッション

クッションでグリーンを差し込むのは観葉植物(インテリアグリーン)を 活用することの次に難易度が低い方法です。 クッションカバーであればコストはそこまでかかりませんが、部屋にいいアクセントを もたらしてくれます! ただ、ソファや他のクッションなどとの色のバランスは意識して選ばないと、 トーンや組み合わせによっては残念になってしまうこともありますので、 注意は必要です。

ウォールアートなどで

ウォールアートの中に取り入れるのは、部屋全体を 格段にオシャレに見せてくれること間違いなしな方法なので、 オススメです! ただ、ポイントとしては、単品でおいてもインパクトが少し弱いので、 2~3枚近い色かデザインの系統のモノを飾り、できれば観葉植物や クッションなど合わせ技で使うことをオススメします。

大きい家具でグリーンの取り入れる

ラグ

大きい家具でグリーンを取り入れるとすれば、 やはりラグで差し込むのも鉄板です! 写真のようにブラウンやブラックで統一されている中にモスグリーンの ラグを投入すれば、一気にお部屋の雰囲気を格上げできること間違いなしです。

ソファやチェア

ソファやイスなどなかなか交換しにくい大きめの家具でグリーンを 投入するのは上級テクニックです! ただ、グリーンを中心に年間のコーディネートをする方にとっては オシャレ度を一気にあげてくれるポイントになりますので、 特にグリーンが好きな方にはオススメできる取り入れ方です。 他の色と違い、グリーンは多くの色との相性がいいので、 大きく取り入れても意外と柔軟にコーディネートでは活きます♪

壁紙などでアクセントをつける

写真のようなトーンの落ち着いたグリーンであれば、 どんな床にもマッチするので、お部屋全体を格好良くできます! すでに家具が多くて、改めて買い直すのは微妙だな~とお考えの方は、 お部屋の壁の一面だけをグリーンにしてしまうのもアリだと思います! 実際最近はDIYでも簡単にできるような壁紙なども種類が増えているので、 ぜひ一度ご検討ください♪

全体的に色味を強く使う

グリーンはブラウンと色の性質が似ており、自然界の色です。 なので、トーンを抑えて部屋全体に使用しても他の「赤」「青」「黄」の 原色系と違い落ち着いたナチュラルな印象を作り出すことができます。 ブラウンと組み合わせればよりリラックス感のある空間が実現できるでしょう!